ゴミ屋敷について

ゴミ屋敷について


「片づけられない症候群」「溜め込み症候群」をご存知ですか?

ゴミ屋敷
収集癖が酷く、家が物で溢れてしまった状態です。

「片づけられない症候群」
片づけたい気持ちはあるが、片づけられない状態です。強迫性障害とも言われています。不安や恐怖といったネガティブな感情から次々と物を集めてしまう強迫行為となります。

片付けられない症候群は
周りが理解によって何らかの形で支援することが出来ます。自力で解決出来なくても、家族や友人が早い段階で片付けを手伝う事により、綺麗な部屋で快適な生活を過ごすことが可能です。

「溜め込み症候群」
こちらは物が溢れていても、片づける気持ちはありません。物を集めたり捨てずに溜め込む快楽というポジティブな感情が存在します。
ゴミという概念が無い為、新聞1枚でも情報となり財産と認識しています。その新聞1枚が生きて来た証であり、その時代の記憶となるようです。

溜め込み症候群は、足の踏み場の無い部屋を片付けたくない(処分したくない)のです。ご本人にその気が無いのですから周りは手を差し伸べられないどころか、強制的に片付けようとすると物凄い苦痛が襲ってきます。

生前に片づけが出来なかったケースは、ほとんど後者の「溜め込み症候群」の方でした。
大切なのは良き理解者を得ること
ゴミ屋敷という誰にも相談できない現実を、相談出来ずに悩む。ストレスが溜まりすぎて精神病を患えば、それこそゴミ屋敷化に拍車がかかってしまいます。
5rは様々なお片づけを経験しております。是非ご相談、お問い合わせください。