業者の方へ


不動産会社管理会社の方・大家さんへ

こんなお悩みはありませんか?

  • 入居者が孤独死してしまい、後片付けできる業者がいない
  • 別の業者に清掃を頼んだが、臭いが取れていない上に「これ以上は無理」と言われた
  • 噂が広まって物件の価値を下げないよう、秘密裏に迅速に現状復帰してほしい
  • ご近所から悪臭の苦情が殺到しているため、一刻も早く対応して欲しい
  • 大量の家電や鉄クズ、自転車などを溜め込んでいる住人がいる
  • ペンキなどの有害な産業廃棄物が沢山室内に残されていて処理に困っている

そんな時は特殊清掃のプロにお任せください!普通の清掃業社では対応が難しい、孤独死や事件・事故の凄惨な現場。近隣から苦情が来るほどの悪臭や害虫。ゴミ屋敷のように物で溢れかえり、入ることもままならない室内。そんな特殊な現場だけでも延べ170件以上扱ってきた特殊性のプロが、周りに知られずスピーディーに消臭・除菌と清掃などを行なっていきます。

特に、豊富な経験に基づいた徹底消臭には自信があります。「他社ではお手上げと言われた」物件でも、お気軽にご相談ください。

成年後見人・成年後見センターの方へ

こんなお悩みはありませんか?

  • 被後見人の認知症などが進み、家が散らかり、衛生状態も悪くなっている
  • 被後見人が施設に入所することになり、現在の住まいを明け渡さないといけない
  • 被後見人の重要書類や貴重品などが、家の中で無くなってしまった

認知症が進むと、片付けをしているつもりがどんどん散らかしてしまったり、同じものを何個も買って溜めてしまったり…といったことが起きやすくなります。家が散らかるとつまづいて転倒しやすいですし、食事や衣服などの片付けができなくなると衛生的にもよくありません。

被後見人が暮らしやすく健康的でいられる環境を整えるためにも、生前整理(福祉整理)で住まいをスッキリ綺麗にさせておくことをお勧めします。

税理士の方へ

こんなお悩みはありませんか?

  • すべての遺産を把握したいけれど、家の整理が終わっておらず動産を把握できない
  • 遺言を残しているようだが、ご遺族だけでは遺言を見つけられなかった
  • 相続の生前対策の一環として、動産の生前整理を勧めたい
  • 相続案件に力を入れていきたいため、相続に関連する提携先を探している

そんな時は、遺品整理や生前整理を専門に行うゴアールにお問い合わせください。不用品回収や清掃業の片手間に行なっている会社とは異なり、遺品整理専門で行なっており、廃棄物の処理方法などのコンプライアンスもしっかり遵守しています。

愛知県知多半島では税理士や弁護士、司法書士などの先生方と提携して相続チームを作るなど、他の士業の先生方からも既に高く評価していただいております。

葬儀・仏壇・墓石会社様へ

こんなお悩みはありませんか?

  • 家族葬の普及や価値観の変化などで単価が下がっている
  • 価格競争が激しいため、価格以外の付加価値で差別化していきたい
  • 大手や地域一番店に押されて客足が減っている
  • 顧客から本業以外の相談を受けることが多いが対応できていない

人口減少や情報化社会に伴い、葬儀関連業界も今後ますます競争が激しくなると見込まれています。競合が激化すると、大手や地域一番店以外は収益も厳しくなるため、価格以外の部分で差別化を行い収益基盤を確保していくことが求められます。

そこで、お客様へのさらなる付加価値提供の一つとして、見込み客を増やす新しいルートの一つとして、遺品整理と生前整理の専門会社である当社との提携をご検討されませんか?

単なる相互紹介や紹介料モデルだけでなく、エンディングチームの結成や地域での共同イベントなど、様々な形でのコラボレーションが可能です。当社では既に、士業の先生方と相続チームを結成したり、寄付やバザーを通じて介護施設の方ともパイプを持っているため、多様な形で御社ともパートナーシップを結ぶことが可能です。ぜひお気軽にお声
がけください。

介護施設・民生委員・包括支援センターの方へ

こんなお悩みはありませんか?

  • 家具や家電、日用生活品などの寄付があると助かる
  • 一人暮らしの高齢者の方の家がゴミ屋敷状態になっている
  • 施設への入居は決まったものの、自力ではご自宅の整理ができずに困っている方がいる
  • 生活意欲を無くしたセルフ・ネグレクトの方や孤独死の方が増えている

遺品整理や生前整理を行っていると、未使用の洗剤やトイレットペーパーなどの日用生活用品を始め、綺麗なテーブルや椅子などの家具、TVや電子レンジといった家電製品なども不用品として処分される方が出てきます。こうした引き取り品について当社では、地域貢献や環境対策(リユース)の一環として、介護施設や生活保護世帯の方に無償で寄付をしたり、バザーを行なったりする取り組みを行なっています。

ただし、常に倉庫に在庫がある訳ではありませんので、寄付をご希望の方は事前にメールやお電話などでお問い合わせください。
入荷次第、ご連絡をさせていただきます。

また近年、高齢者の単身世帯の方で、体の不自由さや認知症、うつ病などをきっかけに気力を失い、社会から孤立して自身の身の回りの世話も放棄してしまう「セルフ・ネグレクト」傾向を持つ方が増えています。その結果、家の片付けもできなくなりゴミ屋敷化してしまったり、最終的に孤独死してしまって、特殊清掃のご依頼に至ることが多くなってきているのです。こうした残念な事態を未然に防ぐためには、気づいた段階で早めにその方の自宅の整理(福祉整理)を行い、住環境を整えることで生活意欲を向上させ、社会との関わりも増やしていくことが大切だと考えます。

当社では、これまでも数多くの福祉整理(ゴミ屋敷清掃)経験があるため、セルフ・ネグレクト傾向を持つ方であっても、ご意向に沿った提案や適切な交渉を行い、新しい生活を踏み出すきっかけ作りの支援を行なっています。