介護に関する相談は・・・

介護に関する相談は・・・


地域包括支援センター

各地域のセンターには

保健師(若しくは経験豊富な看護師)や社会福祉士、主任ケアマネジャー

が配置されていて、地域に暮らす人たちの介護予防や日々の暮らしをさまざまな側面からサポートすることを主な役割としています。

高齢者の暮らしを地域でサポートするための拠点として、介護だけでなく福祉、健康、医療などさまざまな分野から総合的に高齢者とその家族を支える機関。

高齢者本人の方はもちろんのこと、家族や地域住民の悩みや相談を、地域包括支援センターが中心になって適切な機関と連携して解決してくれるのです。

役割

権利擁護

安心して暮らせるように、皆さんが持つさまざまな権利を守ります。

総合相談
介護に関する相談や悩み以外にも、福祉や医療、その他いろいろなことの相談が可能です。

介護予防ケアマネジメント
要支援1・2と認定された人や、支援や介護が必要となるおそれが高い人が自立して生活できるよう、介護保険や介護予防事業などで介護予防の支援をします。

包括的・継続的ケアマネジメント
暮らしやすい地域にするため、さまざまな機関とのネットワークをつくり調整します。

私たちゴアールは各地域の包括支援センターと連携し、おかたづけや、暮らしに関するおてつだいをしています。

行政だけでなく企業や団体等が協力しあって、その解決に向けて地域の自主性を重んじた取り組みを進めていかなければならないからです。