営業日誌

介護保険制度を利用されていますか?

多くの人が頭を悩ませている「実家の片付け」。

公的な「介護保険制度」を使いこなすと、片付けの負担が劇的に減ることは意外に知られていません。

『掃除』『ゴミ出し』『食事の準備、後片付け』『洗濯』『日常品の買い物』など多様な介護サービスを依頼でき、生活援助とは、介護に直面する家族を助けるサービスでもあります。

介護保険制度にはほかにもさまざまな使い道があります。

実家を片付ける時、最優先事項は日常生活の安全確保。介護保険制度を使えば、「手すりの取り付け」や「段差の解消」、「転倒防止のための床材の加工・取り替え」など、6種類の住宅改修に介護保険が適用され、原則1割負担で改修工事ができます。

1つの家屋につき20万円(自己負担2万円)という限度額はあるが、数回に分けて利用することもできる。高齢の親が住む実家のリフォームなら利用しない手はありません。

私たちがお片づけのご依頼をいただく高齢者の方は足腰が弱くなり、行動範囲が狭くなる事で空き部屋が物置代わりに。

次第に生活スペースが減ってしまい、ゴミに囲まれてしまった等ケースも少なくありません。

まずはお住まいの自治体に確認してみましょう。

高齢化が進み、誰もが介護と無縁ではない時代が到来しました。公的な制度を賢く活用し「介護時代」を乗り切りましょう。

買い取りサービスにご注意ください

最近高齢者を中心に断捨離、終活の一部として不用品処分が流行っています。自分の人生と向き合って計画を立てる事は、とても素晴らしいことです。

しかし「身軽になりたい」という気持ちに巧みにつけこむトラブルが起きています。

まず「不用品を買い取る」と電話などで勧誘を行い、ターゲットを油断させて玄関に入ると「不用品でなく貴金属を買い取りたい」という本当の目的を明かし、不当に安い価格で貴金属を買い取ってしまうというものです。

国民生活センターによると2013年以降

押し買い(訪問購入)トラブルの報告件数は増え続けており、昨年は8,648件、ことしも過去最悪に近いペースで報告件数が増え続けているということです。

このトラブルの対策としてぜひ知って欲しいことは、クーリングオフの対象になるということです。もし押し買いにあった場合、8日以内に相手の業者に申し出れば売買を無効にできることをぜひ覚えておいてください。相手の連絡先や領収書もしっかり取っておくようにしましょう。

岐阜県高山市、家財整理のおてつだい

11/19岐阜県高山市にて家財撤去をさせていただきました。

ご夫婦より「家を売りにだそうと思っています。残っている物を片付けて欲しいです」との事。

細かい家財等が少なかった為、お片づけが早く終わりました。

私たちは遺品整理のみではなく、不用品撤去お片づけ全般を承っております。

処分品の中にも貴重品が紛れている事がありますので、細かく丁寧な分別を心掛けています。

ソファーやタンスの粗大ゴミは処分場までご自身で持ち込みが必要な場合がほとんどですが、乗用車には載りませんし、誰もが軽トラをもっているわけではありません。

タンスや食器棚の中身を空にするだけでも骨が折れる作業です。

プラスチックは可燃?不燃?回収日はいつ?

灯油や物干しの台はどこに捨てるの?

いざ片付けといっても難関がいくつも待ち受けています。

重量物に至っては片付ける際に誤ってケガをする危険性もあります。はりきって手をつけたはいいものの、ケガをしてしまっては本末転倒です。

私たちゴアールがお客様に変わっておてつだい致します。

片付け前 片付け後
片付け前 片付け後

3DK (8畳、6畳、6畳、ダイニングキッチン)

お支払い 121,000円(税抜)

愛知県常滑市、ゴミ屋敷のお片づけ

11/15ゴミ屋敷のお片づけをしてきました。

マンション、アパートに住んでいる、これから住まれる予定のある方はご注意下さい

ご依頼者は20代女性、Bさん。

マンションに1人暮らし。

Bさんは夜から朝にかけてのお仕事。ゴミ出し日の早朝に共用のゴミステーションに出していました。

ある日、仕事に出かけようと玄関を開けるとゴミ袋が置いてあります。

まさか、と思い袋越しに中を見ると、Bさんが朝出したはずのゴミでした。

分別は守っていたはずなのに、何故ゴミが返ってきたのか?誰が見ていてBさんだとわかったのか?

これがきっかけで、Bさんはゴミステーションに出す事が怖くなり、まるでゴミ屋敷のように部屋にゴミがたまっていきました。

Bさんは親しい友人に悩みを打ち明け、ご友人から弊社に連絡をいただき、私たちがお片づけさせていただくことになりました。

「とても恥ずかしい」とBさん。

「ドアが開かない程にゴミをためてしまう方もいます、私たちはお片づけを専門としていますのでお任せください」

Bさんはお片づけの後、お引っ越しをされます。

転居先では、細心の注意を払ってゴミ出しをしますとの事でした。

 

郵便物、DM等の個人情報の保護に努めています。

裁断、焼却処理をしていますのでご安心ください。

ハガキ1枚、お写真1枚も見逃さず大切に処理致します。

片付け前 片付け後
片付け前 片付け後

1K(8畳、キッチン)

生活ゴミ多め

お支払い 110,000円(税抜)

エンディングノートについて

遺言とエンディングノート

遺言

自分に万が一のことがあったときに誰に財産を相続させるかなどの死後の意思表示を記したもので、法的根拠があり死後に効力を発揮します。

また書式が決まっており、方式に従っていないと法的に無効となる場合があります。但し書式に沿った書き方をしてあれば遺言の形式に必要のない項目も法的に効力を発揮しないだけで記することはでき、それによって法的に無効になることはありません。

エンディングノート

法的な根拠はありません。しかし、書式や形式にとらわれることなく死後の希望や生前の意思疎通ができなくなったときにどうしてほしいかということまで自由に記入することができます。どちらかというと存命中や死後の家族の負担を減らして、自分の生きた道程を伝える意味合いが強いものでしょう。

 

遺言は法的拘束力があるが手続きや書式が面倒、エンディングノートは自由に書けるがあくまでも希望で法的な根拠がないことが最大の特徴ということはご理解頂けたかと思います。相続分与するものが大きければやはり遺言は残した方が残された人の負担は減りますし、エンディングノートは書いた本人の温もり・愛情が伝わる直のメッセージとなりますのでどちらの役割も大きいでしょう。

終活とは自分の人生の終わりに向けて、より良く前向きに生きるために事前に準備することです。